痛風→ザイロリック

痛風は尿酸が体の中に結晶としてたまり、その結果、激しい関節炎を伴う病気です。

95%が男性で、尿酸が増えやすいエネルギー消費が激しく、大量の食事を取るような生活を送る人がなりやすいと言われております。

尿酸の結晶がたまり、ある日突然足の親指のつけ根の関節などに激しい痛みと腫れが見られ、初めて痛風と気付く事が多いそうです。

痛み自体は1週間から10日ほどで治まりますが、多くの人が1年以内にまた同じような発作がおこり、放置し続けると腎臓を悪くするなどの重い病気につながります。

適切な治療を受ければ問題なく健康的な日常生活を送ることが出来ます。

治療によく用いられるのがザイロリックという30年前から使用されている痛風治療薬のひとつです。

初期の痛風ではザイロリックを用いず、鎮痛消炎剤などで痛みを抑え、痛風の症状がおさまったあとで、痛風の進行を抑えるために飲み始めますが、長く飲み続けなければならない薬なのでコストを抑える方法としてネットにて個人輸入を行う通販サイトを利用するのも一つの手かと思います。

ですが最初は医師の指導の下服用を開始し、適した処方を受けた上での購入が望ましいかと思われます。

また定期的な検査を行う必要がありますので怠らないようにしましょう。
ザイロリックの副作用としては発熱、発疹、食欲不振、胃部不快感、下痢、ねむけ、脱毛などがおこることがあり、まれに皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症などの重篤な皮膚障害や呼吸困難、劇症肝炎などの重篤な肝機能障害等がでることもあり、その場合は使用を中止しすぐに医師の診療を受けてください。

その他気になる症状が現れた場合も医師または薬剤師に早めに相談願います。

またザイロリックを服用中は1日の尿量が2リットル以上になるよう、水分を多めに摂取することが大切です。
病気や薬に十分な理解と知識をもって改善に努めていきましょう。